×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サラリーマンの効率的な筋トレ効果

サラリーマンの効率的な筋トレ効果

僕は社会人になってからずっとスポーツジムで筋力トレーニングを行っています。

 

ジムは週に2回程度通っています。1日だいたい2〜3時間程度トレーニングを行います。

 

大体決まったメニューをこなすのですが、仕事の都合や家事などで時間が削られることも多々あります。そこで、時間効率を考えたメニューを考案することができました。
例えば、ベンチプレスなど重いものを持ち上げるトレーニングをするときは、負荷70%の重さから100%の重さまでを2〜3分程のインターバルを取りながら上げていきます。これを大体10セット程度。しかし時間がないときには不可70〜80%の重さをインターバル30秒〜1分で行います。これにより筋持久力をしっかりと鍛えられますし、インターバルをゆっくり取った時のパフォーマンスも確実に上がります。

 

他には、重りを背負った状態でけんすいをするトレーニングの時におすすめのトレーニングがあります。

 

背中と腕の筋肉を休めるインターバル中に、マシーンで下半身を鍛えます。重りを背負ってスクワットなどをすると、持っている腕など他の部位に不可がかかってしまいますが、固定されたマシーンだと、鍛えたい部位のみに負荷をかけられます。これにより、上半身を休めている間に下半身、下半身を休めている間に上半身と効率よくトレーニングを進められます。

 

こうしたちょっとした工夫により、少ない時間の中でも濃密なトレーニングを行えます。
以上が私のトレーニング紹介でした。

 

精力剤 効果


ホーム RSS購読 サイトマップ